塾講師Kanaの裏話

【塾講師の裏話】第12回 早慶の英語と英検準1級、TOEIC(LR)730の難易度を比較しました!

難関大入試に匹敵するといわれる英検準1級

英検準1級の難易度は、難関大学の入試問題レベルといわれます。では、難関大の代名詞ともいわれる早稲田・慶応の入試問題と英検準1級とでは、どちらが難しいのでしょう?

そこで、早慶のなかでも難しい部類に入るといわれる、慶応大学法学部の入試問題(2019)を、実際に解いてみることにしました。

あわせて読みたい【レビュー】慶應の英語:大学受験最高レベルの難易度の問題を課す慶應大学入試の過去問集

最難関私立大学の一角、慶応義塾大学の赤本です。大学受験では最高レベルの難問が多数収録されています。 慶應義塾大学の英語入試問題の特徴と構成 慶應義塾大学の英語は、学部間で非常に差があります。読解問題の ...

続きを見る

付属CDの潜在能力を最大限に引き出す語学専用プレーヤー
英語講師・Kanaの『手持ちの語学CDを、最大限に利用できる便利なツールです』

準1級と慶応大(法)の入試を比較する

英検準1級の筆記試験はライティング(英作文)含め90分、慶応大(法)は80分です。準1級のライティングには少なくとも15分は確保したいところなので、リーディングにかけられるのは多くて75分。そう考えると、読むべき英文の量は準1級のほうが少し多めでしょう。また、問題の指示文は双方とも英語です。何を問われているか、すばやくつかまなければなりません。

私自身、準1級は実際の試験・過去問とも複数回解いていますが、慶応(法)の問題は初めてトライしました。どちらの試験も、ゆっくり考えている暇はないですね。頑張って解いても時間ぎりぎり間に合うかどうか…という感じでした。

あわせて読みたい翻訳者・堂本秋次の『英検準1級を目指すための勉強方法』

特に英語が好きで英検を受けたという人にとっては、英検一級は一つのゴールに違いありません。高校までではおよそ英検二級くらいなら取得しているけれど、英検一級を目指してもっと勉強したい、という人は少なくない ...

続きを見る

語彙のレベルは?

準1級合格に必要とされる語彙数は、7500~9000ほどといわれています。準1級の筆記では、冒頭から語彙力そのものを問うセクション(25問)があります。単語がわからないと、ここではまったく歯が立ちません。語彙学習が、準1級の大きなハードルといわれる理由です。

慶応(法)の試験で出てくる語彙も、準1級と同等程度。ときに英検1級レベルの単語も見られました。単語帳で、つづりと意味だけ覚える丸暗記では不十分。他動詞・自動詞の区別や、品詞、前置詞とのコンビネーションなどを知らないと、答えられない問題が多いです。

発音・アクセント問題があるのも、慶大の特徴かもしれないですね。ふだんから音声を取り入れた学習をしていれば、発音問題は点をとりやすい「サービス問題」になります。逆に、黙読ばかりの学習をしている人には、難しく感じることでしょう。

長文問題は?

準1級の長文問題は、語句空所補充と内容一致選択です。語彙力と、正確な文法知識・読み取りの力が必要です。問題文の内容もアカデミックで、日本語で読んでも難しい内容です。過去に出題されたテーマを見ても、社会学的なトピックが多くなっています。

問題文には抽象的・観念的語彙が増え、複雑な思考を表現した文章になってきます。アウトプットも重視され、自分のいいたいことを論理的に、正しいルールにのっとって表現できることが必要とされます。

慶大入試も準1級同様、問題文は難解です。読んで理解するだけでなく、適切ないいかえ表現や、文脈に即した選択肢を選ぶ力も要求されます。問題の指示もすべて英語ですし、設問の仕方が複雑で、戸惑いました。過去問を多く解くなど対策をしていないと、制限時間中にすべて解くのはかなり難しいでしょう。

慶大入試には準1級のような英作文はありません。しかし2019年の入試では、英文エッセイの草稿を添削するという設定で、「選択肢の中から最も適切な表現を選べ」という問題が出題されていました。こういった問題は、日頃から英作文のトレーニングをしていない受験生には難しいはずです。選択肢も非常にトリッキーなものが多く、迷いました。

準1級と慶大入試で求められるスキル

準1級では高校までの基礎的な語彙に加え、より高度な語句をどれだけ知っているか、そしてアウトプットを含め、どれだけ実践的な英語を使いこなせるか…が問われます。

いっぽう慶大入試は、英語力はもちろんですが、それ以外のポテンシャルも測っているのでは…と感じる内容でした。高得点を狙うには、これだけの語彙を学習する努力、さらに思考力・判断力といったものも求められるからです。

英検2級や大学入学共通テストレベルなら、高校までの授業でもクリアできます。しかし英検準1級・慶大入試レベルになると、どちらも学校英語プラスαの勉強(英字新聞や英語ニュースサイト、オンライン英会話など)が必要になってくるでしょう。

付属CDの潜在能力を最大限に引き出す語学専用プレーヤー
英語講師・Kanaの『手持ちの語学CDを、最大限に利用できる便利なツールです』

TOEICとの比較

では、TOEICとの比較についてはどうでしょうか?

準1級と同等程度のTOEIC(L&R)スコアは、730くらいといわれることが多いようです。しかし私の実感では、準1級合格=730というのは低すぎる気がします。準1級合格者が、もしTOEIC対策なしで受けたら730くらいかもしれませんが…。準1級相当のスコアといわれたら、実際にはTOEICで800くらいではないかと思います。

3つの試験の難易度を比べると

トータルで考えれば、「英検準1級(筆記)=慶応(法)>TOEIC730」というのが妥当と考えます。しかしリーディングのみなら、慶応のほうが難しいかも…?と思える内容でした。

準1級も慶大入試も、学校英語を超えた、主体的な学習が必要です。合格をつかみとるのは簡単なことではありません。しかし高みをめざして努力すれば、その分、得られるものも大きいことでしょう。

編集長からひとこと

慶大の英語は確かに英検1級水準の語彙が若干含まれていますが、だからといって1級の単語帳(『英検1級 でる順パス単』など)をやらなければいけない、というわけではありません。かけた勉強時間に対する見返りが小さいからです(1級単語を知らなくても解ける)。1級の単語は、例えば私立専願で科目数が少なく(※慶応は2科目+小論)、よほど勉強時間に余裕がある場合を除いてやる必要はありません。まして科目数が多い国立大との併願で慶大を受験する場合であれば、絶対にやるべきではないですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kana

Kana

お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験/指導経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

おすすめ記事

1

昨今の自学自習ブームを受けて、英語のリスニング学習を教材レベルではなく、再生機器レベルで効果・効率を高める「語学用プレーヤー」の需要が高まりつつあります。 「語学用プレーヤー」って何?教材じゃないの? ...

2

なぜ英会話が苦手なのか 日本人の多くは、中学・高校で何年もかけて基本的な文法と語彙を学びます。にもかかわらず、会話になるとダメ……という人が多いのはなぜでしょうか。それは、会話の「実践的」スキルが不足 ...

3

私は出張があるとはいえ基本的には日本国内で英語を使いながら働いています。 英語レベルとしては、 ・日常会話はお酒が入っていても(笑)大丈夫 ・ビジネス会話は9割聴き取ることができ、交渉や会議の場で自分 ...

4

いつも読んでくださってありがとうございます。私の勉強についてですが、いわゆる「何もしなくても毎回9割5分5厘超!」みたいな天才型では全くありませんし、かといって逆に「誰よりも血と汗にまみれた努力を惜し ...

5

外国語を習得しようと考えたとき、それについて直に師事できる人が居れば幸運です。しかし、必ずしもそのような人が身近に居るとは限りませんので、その場合は自分自身で勉強し習得していく必要があります。 そのと ...

-塾講師Kanaの裏話

© 2021 まねっこ倶楽部 Powered by AFFINGER5