資格試験 スピーキング

【レビュー】評価ポイントで攻める!英語スピーキングテスト大特訓:あらゆる英語検定試験で満点や合格を獲得している東進・安河内哲也先生が書いたTOEIC S/Wのスピーキング対策本

TOEICのスピーキング・ライティングテストの対策のための本です。スピーキングテストがメインですが、コラム程度にライティングテストについても触れられています。

英語スピーキングテスト

これからTOEIC S/Wを受ける人は必見

TOEICは少し前まで990点満点でしたが、現在はアウトプット力を重要視する声から、これまでのテストを「リスニング・リーディングテスト(TOEIC L/R 990点満点)」とし、新たに「スピーキング・ライティングテスト(TOEIC S/W 400点満点)」を設けています。

スピーキング・ライティングテストでは、これまでの「受信型」の能力ではなく「発信型」の能力を測ることができます。『評価ポイントで攻める!英語スピーキングテスト大特訓』は、そのスピーキング部門の対策本です。

スピーキング・ライティングテストの教本は、リスニング・リーディングテストの教本と比べると種類や量が豊富とは言えません。そのため、どのように問題が出題されるのか、スピーキングやライティングというスキルがどのように評価されるのかが分からない場合も多いでしょう。

TOEIC S/Wのスピーキングテストの全体構成
英語スピーキングテスト大特訓_01 英語スピーキングテスト大特訓_02
安河内 哲也『評価ポイントで攻める!英語スピーキングテスト大特訓』

そのスピーキングのテストがどのように行われるのか、どのような採点基準になっているのか、どのような点に気をつけるべきかについて細かに触れています。スピーキング力は一朝一夕で身につくものではありませんが、少なくとも充分なスピーキング力があるにも関わらず対策が出来ていなかったという理由で得点に失敗するということはないでしょう。

付属CDの潜在能力を最大限に引き出す語学専用プレーヤー
英語講師・Kanaの『手持ちの語学CDを、最大限に利用できる便利なツールです』

発音から論理的な展開力まで身につけられるが、基礎力は必要

TOEIC L/Rで500点以上の基礎力が必要

発音から入り、最終的には物事を論理的に説明することができるレベルまでを目指して段階的に学習を進めていくことができますが、ゼロベースから学ぶことができるわけではありません。具体的には、TOEICで500点以上は安定して取得できる程度の基礎力は必要になるでしょう。

TOEIC L/Rで500点以上は要求される練習問題
英語スピーキングテスト大特訓_05 英語スピーキングテスト大特訓_06
安河内 哲也『評価ポイントで攻める!英語スピーキングテスト大特訓』

充実した回答サンプル

スピーキングに役立つ語彙や一般的語彙についての解説は多くありません。ただ、実践を意識した問題に対して豊富な回答サンプルが用意されているため、どのように話を展開するべきかなどの参考になるでしょう。また、CDもついているため、実際のテストに近い状態で勉強することができます。

実践を意識した問題に対する豊富な回答サンプルを用意
英語スピーキングテスト大特訓_03 英語スピーキングテスト大特訓_04
安河内 哲也『評価ポイントで攻める!英語スピーキングテスト大特訓』

リスニング対策にも○

正しい発音を身につけ、スピーキングテストで得点できるだけのスピーキング力があれば、リスニングにおいて情報を聞き逃さないようにする能力も伸びていきます。もしもリスニング問題の伸びに悩んでいるようであれば、本書でスピーキングのトレーニングに取り組んでみると良い結果が生まれるかもしれませんね。

リピーティングとシャドーイングに適した練習用音声を収録

練習法として通常のテキストの音読に加えて、シャドーイングと(スラッシュ)リピーティングを推奨しており、付属CDにはそれらの学習に適した形の音声が収録されています。

具体的には、第1章ではリピーティング練習ができるように、解答例のスラッシュが入っている位置に数秒のポーズ(無音区間)を挿入しています(※第2章以降にポーズ入り音声はありません)。シャドーイングのTask用には、ナチュラルスピードよりも若干遅めに発音した音声を収録し、お手本の音声を追いかけて発音しやすくなっています。

英語スピーキングテスト_CD
安河内 哲也『評価ポイントで攻める!英語スピーキングテスト大特訓』付属CD(1枚組)

音読・リピーティング・シャドーイングは、リスニング力とスピーキング力、発音力を同時に向上させられる高効率のトレーニング方法です。別の学習書のCDでもできますので(リピーティングはプレーヤーを一時停止するか、音声データの加工が必要)、未経験の方はぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

  • TOEICのスピーキングテストの対策本。
  • スピーキングテストの重要な点を確認しつつ対応できる。
  • CD付きで、スピーキングだけではなくリスニングにも効果的。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
堂本秋次

堂本秋次

実務翻訳者、プロマジシャン。英検1級、国連英検A級、TOEIC965を保有。大学時代は、ネイティブスピーカーの教授の指導のもと、言語学を専攻していた。医学、自然科学等を専門とする多芸多才な翻訳者。 詳しいプロフィール / 記事一覧

おすすめ記事

1

昨今の自学自習ブームを受けて、英語のリスニング学習を教材レベルではなく、再生機器レベルで効果・効率を高める「語学用プレーヤー」の需要が高まりつつあります。 「語学用プレーヤー」って何?教材じゃないの? ...

2

なぜ英会話が苦手なのか 日本人の多くは、中学・高校で何年もかけて基本的な文法と語彙を学びます。にもかかわらず、会話になるとダメ……という人が多いのはなぜでしょうか。それは、会話の「実践的」スキルが不足 ...

3

私は出張があるとはいえ基本的には日本国内で英語を使いながら働いています。 英語レベルとしては、 ・日常会話はお酒が入っていても(笑)大丈夫 ・ビジネス会話は9割聴き取ることができ、交渉や会議の場で自分 ...

4

いつも読んでくださってありがとうございます。私の勉強についてですが、いわゆる「何もしなくても毎回9割5分5厘超!」みたいな天才型では全くありませんし、かといって逆に「誰よりも血と汗にまみれた努力を惜し ...

5

外国語を習得しようと考えたとき、それについて直に師事できる人が居れば幸運です。しかし、必ずしもそのような人が身近に居るとは限りませんので、その場合は自分自身で勉強し習得していく必要があります。 そのと ...

-資格試験, スピーキング
-

© 2021 まねっこ倶楽部 Powered by AFFINGER5