お悩み相談室

翻訳者・堂本秋次が教える『自習で翻訳と通訳の技術を向上させるために日々できること』

質問

翻訳・通訳が出来るようになりたいです。日本語から英語、英語から日本語の両方です。翻訳・通訳の技術を上達させる上で自分で日々、出来る学習法は何でしょうか?

本を読むこと、文章を書くこと、英語を聞くこと、英語を話すことはもちろんでしょうか、翻訳・通訳レベルとして上達させる上でのポイントが知りたいです。

自分でもなんとなく学習はしてるのですが、実際に翻訳や通訳をしてみると思っているほど上手く行きません。何かが足りないのだと思うのと同時に、自習方法に何かコツというかポイントを加味した上でやるべきことがあるような気がしてなりません。よろしくお願いします。

回答(堂本秋次)

まず前提として、翻訳と通訳は別のものと捉えてください。翻訳とは、すでにある資料などを別の言語に翻訳すること、通訳とは会話の間に入って、その場で言葉を別の言語に置き換えて二者(以上)の橋渡しをする役目です。こうなると、翻訳と通訳では必要となるスキルが全く違うのです。

例えば、日本語と英語の間で翻訳を行おうとすると、構文や文法の違いから「翻訳調」などと揶揄される日本語らしくない文章ができることがあります。これは、英語の語順をそのまま日本語に落とし込んでいることが原因だったりします。それで良いこともありますが、基本的には読みにくいものなので、日本語として読みやすい語順や構文に置き換える必要が出てくるでしょう。

一方、通訳(特に同時通訳)では、耳から入ってきた言葉を逐次的に訳し、文章が完了した時点での意味合いが取れているようでなければなりません。つまり、日本語の構文に落とし込むという作業ができないのです。

このように、翻訳と通訳では必要となるスキルが違うのですが、それはアウトプット後の日本語がどのようなものであるべきかに依存しています。そうすると重要なのは、英語の勉強というよりも、むしろ日本語の勉強の方になるでしょう。当然英語の勉強は必須になるのですが、日本語の作文の本を読むなどすると、英語との違いが見えてきて訳出の際に役立てることができるかもしれません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
堂本秋次

堂本秋次

実務翻訳者、プロマジシャン。英検1級、国連英検A級、TOEIC965を保有。大学時代は、ネイティブスピーカーの教授の指導のもと、言語学を専攻していた。医学、自然科学等を専門とする多芸多才な翻訳者。 詳しいプロフィール / 記事一覧

おすすめ記事

1

昨今の自学自習ブームを受けて、英語のリスニング学習を教材レベルではなく、再生機器レベルで効果・効率を高める「語学用プレーヤー」の需要が高まりつつあります。 「語学用プレーヤー」って何?教材じゃないの? ...

2

外国語を習得しようと考えたとき、それについて直に師事できる人が居れば幸運です。しかし、必ずしもそのような人が身近に居るとは限りませんので、その場合は自分自身で勉強し習得していく必要があります。 そのと ...

3

英語をマスターしたいですか? 外出先で時間があると、私はよく書店で語学書のコーナーに足を運びます。そこには「英語学習は○○だけでOK」とか「ラクして英会話をマスター」などの魅力的なキャッチコピーつきの ...

4

私は出張があるとはいえ基本的には日本国内で英語を使いながら働いています。 英語レベルとしては、 ・日常会話はお酒が入っていても(笑)大丈夫 ・ビジネス会話は9割聴き取ることができ、交渉や会議の場で自分 ...

5

いつも読んでくださってありがとうございます。私の勉強についてですが、いわゆる「何もしなくても毎回9割5分5厘超!」みたいな天才型では全くありませんし、かといって逆に「誰よりも血と汗にまみれた努力を惜し ...

6

何年にどこにいて、何の仕事をしていたか記憶が定かでないほどふわりふわりと生きてきたのありです。TOEICスコアシートをもとに、930点を達成するまでの学習変遷を振り返ります。 TOEIC形式になじむこ ...

-お悩み相談室

© 2021 まねっこ倶楽部 Powered by AFFINGER5