塾講師Kanaの裏話

【塾講師の裏話】第11回 国語力があると英語も伸びる理由とは?

日本語の語彙力が低下している?

塾で生徒たちの会話を聞いていると、何かあるとすぐに「やばい!」のひとことが出てきます。「すごい」「びっくりした」や、「おもしろい」「大変だ」も、みな「やばい」で用が足りている様子です。ひとつでまかなえて楽なのは確かでしょうが、あまりに簡略化しすぎでは?と思うこともしばしばです。「やばい」に限らず、最近は全体的に語彙が少なくなっているような気がします。

この「語彙の少なさ」は、英語嫌いの生徒に非常によくみられる傾向といえます。英語以前に、まず日本語でも不自由しているのです。

たとえば中学で学ぶ「stay」という単語。「滞在する」という意味ですが、「先生、『タイザイ』ってどういう意味?」…という中学生はよくいます。「どこかにとどまること、居ること、だよ」と言ってはじめて「…ああ、そうなんだ」という感じです(実は「とどまる」という言葉でもアヤシイ子もいました…)。この生徒は「stay」を覚えるために「とどまる・滞在する」という日本語も、同時に覚えなければならないわけですね。

文法用語が理解できていないと…

また、文法用語の理解ができていないことも気になります。たとえば「私は犬を飼っている」という文の主語は何?と聞くと、「犬!」と答えた生徒がいてびっくりしました。「だって、これから犬の話をするのでしょ?なら、犬が主人公だから主語は犬だよね」と自信満々で言われたときには「そういう理屈か…!」と逆に感心してしまいましたが…そんなのんきなことを言っていられる場合ではありませんね。

※「主語」は、「誰々が、~する」という文において“動作の主体”、つまり「誰々が」にあたる部分です。「犬を飼っている」のは「私」であって、「犬」ではありません…念のため…。

「主語」や「動詞」などの用語について意味をきちんとわかっていなければ、中学校で習う文法事項を理解することは難しいです。こうした言葉は、小学校の国語の授業で習います。そのため、中学校ではいちいち「主語とは何か」と細かく説明せずに授業が進むこともよくあります。用語がわからない状態で新しい文法事項を教わっても、ちんぷんかんぷんのままになるのは当然でしょう。

「言いかえ力」は国語の力

中学生だけでなく、大人が英会話学習をする際にも、国語力の有無で差がつくと感じることがあります。というのも、英会話の場合は学校のテストとは違い、自分の言いたいことが伝わればよいので、正解はひとつではありません。たとえば旅先で駅への道を聞きたいとき、どう言えばよいでしょうか。

「○○駅はどこですか」はもちろん、「○○駅に行きたい」、あるいは「○○駅を知っていますか」でもいいわけです。自分の知っている単語・フレーズや、構文のパターンを使って、伝えたいことをいかに表現するか。つまり「言いかえ力」が役に立つのです。これが得意な人は、できるだけ簡単で、汎用性のある英文フレーズを覚えて、使いまわそうと考えます。省エネ型学習ができるわけです。

また、そのまま英語に訳しにくい言葉を言いたいときにも、「言いかえ力」がものを言います。たとえば「よろしくお願いします」はどう訳せばいいでしょう?これは時と場合によって「一緒にお仕事できてうれしいです」であったり、「お手数をおかけしてすみません」あるいは「あなたにおまかせします」であったりします。

このように、そのまま訳せない言葉は、具体的にどういう意味か言いかえる力が必要だということです。これは国語の力だと私は思います。こうした力のある人は、英会話も間違いなく上達が速いのです。

国語の力をもっと利用しよう

英語は暗記科目だ、とよく言われます。単語やフレーズをひたすら丸暗記するしかない、と思われがちですが、前述のように国語力で補える部分も大いにあるのです。

また、難しいと敬遠されがちな文法の学習も、最近はわかりやすく書かれた参考書がたくさん出ています。自分のレベルに合わせた参考書を選ぶことも、国語の力を生かすひとつの手段です。参考書を買うときには、ぜひ、いくつかの参考書のページを開き、説明を見比べてみてください。自分にぴったり合った参考書を見つけることができれば、あなたの英語学習も少しばかり楽になるかもしれません。

あわせて読みたい【塾講師の裏話】第10回 語学の才能って何だろう?英語は赤ちゃんから始めないと無理?

語学の才能は生まれつき? 私はふだん中学生をメインに教えていますが、以前小学生や幼児のクラスをお手伝いしていたこともあります。ある日、保護者の方に「英語を得意にするには、やっぱり小さいうちに始めないと ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kana

Kana

お茶の水女子大学卒。英検1級、TOEIC910を保有。現在、民間の中学生向け個別指導塾で英語講師として勤務している。確かな英語知識と学習経験/指導経験に裏打ちされた、分かりやすく丁寧なレビュー記事・コラムが好評。 詳しいプロフィール / 記事一覧

おすすめ記事

1

外国語を習得しようと考えたとき、それについて直に師事できる人が居れば幸運です。しかし、必ずしもそのような人が身近に居るとは限りませんので、その場合は自分自身で勉強し習得していく必要があります。 そのと ...

2

英語をマスターしたいですか? 外出先で時間があると、私はよく書店で語学書のコーナーに足を運びます。そこには「英語学習は○○だけでOK」とか「ラクして英会話をマスター」などの魅力的なキャッチコピーつきの ...

3

私は出張があるとはいえ基本的には日本国内で英語を使いながら働いています。 英語レベルとしては、 ・日常会話はお酒が入っていても(笑)大丈夫 ・ビジネス会話は9割聴き取ることができ、交渉や会議の場で自分 ...

4

いつも読んでくださってありがとうございます。私の勉強についてですが、いわゆる「何もしなくても毎回9割5分5厘超!」みたいな天才型では全くありませんし、かといって逆に「誰よりも血と汗にまみれた努力を惜し ...

5

何年にどこにいて、何の仕事をしていたか記憶が定かでないほどふわりふわりと生きてきたのありです。TOEICスコアシートをもとに、930点を達成するまでの学習変遷を振り返ります。 TOEIC形式になじむこ ...

-塾講師Kanaの裏話

© 2021 まねっこ倶楽部 Powered by AFFINGER5