塾講師Kanaの裏話

2021/1/24

【塾講師の裏話】第11回 国語力があると英語も伸びる理由とは?

日本語の語彙力が低下している? 塾で生徒たちの会話を聞いていると、何かあるとすぐに「やばい!」のひとことが出てきます。「すごい」「びっくりした」や、「おもしろい」「大変だ」も、みな「やばい」で用が足りている様子です。ひとつでまかなえて楽なのは確かでしょうが、あまりに簡略化しすぎでは?と思うこともしばしばです。「やばい」に限らず、最近は全体的に語彙が少なくなっているような気がします。 この「語彙の少なさ」は、英語嫌いの生徒に非常によくみられる傾向といえます。英語以前に、まず日本語でも不自由しているのです。 ...

2020/11/15

【塾講師の裏話】第10回 語学の才能って何だろう?英語は赤ちゃんから始めないと無理?

語学の才能は生まれつき? 私はふだん中学生をメインに教えていますが、以前小学生や幼児のクラスをお手伝いしていたこともあります。ある日、保護者の方に「英語を得意にするには、やっぱり小さいうちに始めないと無理ですよね?」という質問をされました。 「そんなことないですよ。私は中学校に入るまで、まったく英語を学んだことがありませんでした」と言ってみたのですが、「先生はきっと語学の才能があったから、それでもOKだったのでしょうね」と…。語学の才能って、何だろう…とそのとき思いました。 普通、才能といえば持って生まれ ...

2020/11/15

【塾講師の裏話】第9回 あなたの講師選びは間違っている?生徒にとって本当に良い講師の条件とは

一流の講師を揃えているというが… 子どもを塾に通わせている親御さんのなかには「うちの子の担当講師は一流の○○大の学生だから安心」と思っている方もいるでしょう。塾の宣伝文句に「当塾の講師は全員一流大卒・もしくは在学中」とうたっているところも見かけますね。ですが、残念ながら、一流大に在籍しているから・あるいは卒業したから皆教え方がうまい、とは限らないのです。 一流大学に合格した人は、その入試をクリアできる力があったことは間違いありません。しかし、その人の教え方がうまいかといえば、それはまた別な話です。むしろそ ...

2020/12/23

【塾講師の裏話】第8回 「成績上がらないなら月謝返して」?~塾へのクレーム雑感

「成績が上がらない」というクレーム 塾はサービス産業なので、ほかの業界と同様、“お客様”である保護者から要望やクレームは多々あります。最もよく聞くクレームは、「全然成績が上がらないんですけど…」というものです。「講師の教え方に問題があるのでは?」とも。 ですが、講師だけに問題があるというケースは少ないです。成績を上げるには、塾と保護者と生徒自身が、それぞれに努力し連携する必要があります。塾や親だけがしゃかりきになってもダメ。生徒自身に「成績を上げたい」という気持ちがなければ、芳しい結果は得られません。授業 ...

2021/1/6

【塾講師の裏話】第7回 東大英語と英検1級、TOEIC(LR)900の難易度を比較しました!

東京大学の入試問題と英検1級、TOEICを比較する ヤフーの知恵袋を見ていると、「東大生なら英検1級なんて簡単に合格できるのですか?」という質問がありました。 大学受験と英語の検定試験(TOEICや英検)の難易度・中味の違いについては、具体的にはよくわからない…という人が多いのではないでしょうか。 私は英検1級・TOEICの受験経験があり、また仕事柄、大学入試問題を解くこともあります。3種の試験を実際に解いてみると、「各種検定試験と大学入試では、それぞれ、問われるスキルが違う」ということがわかります。 英 ...

2020/12/3

【塾講師の裏話】第6回 ビギナーのつまずきポイントその2:be動詞と一般動詞の違いって?

英語学習には動詞の理解が欠かせない 英語の文をつくるには、何はなくとも主語→動詞、というのを前回のコラムで書きました。この「動詞」について、英語ビギナーが陥りやすい大きな穴がある、と私は常々感じています。今回はその点について書いてみます。 英語の場合、動詞には2つの種類(be動詞と、それ以外の一般動詞)があります。この2種類の区別、あなたは理解できていますか? be動詞と一般動詞の違いとは? 一般動詞とは、たとえば「走る」「食べる」「勉強する」など主に動作を表すものです。では、be動詞(am, are, ...

2020/12/3

【塾講師の裏話】第5回 ビギナーのつまずきポイント その1:語順について意識しよう

英語学習でつまずくポイントとは 私は塾で働いていますので、「英語は苦手…」「英語大きらい…」という生徒さんを担当することもしょっちゅうです。そんな生徒さんたちの様子を見ていると、だいたい同じようなところでひっかかっている…そう思うようになりました。 たとえば文法。外国語を学ぶときに、その外国語と母国語の文法が同じなら、単語さえ覚えればすぐに話せるようになるはずです。しかし、英語と日本語は文法的にまったく異なっています。とくにとまどうことが多いのが、語順についてです。英会話を苦手とする人の多くがこれに悩んで ...

2020/12/3

【塾講師の裏話】第4回 英語学習、伸びやすい人・伸びにくい人の違いとは?

英語学習に向いているタイプというのはいるのか? 塾で中学生の指導をしていると、時々、「この子伸びそうだな」という感触を持つ生徒に出会います。はじめは基礎ができていなかったり、覚えている単語も少なかったりするけれど、いつのまにかぐんぐん伸びていくという子はいるものです。 また、私が英語教室で出会った人たちでも、同じクラスにいるのにみるみる上達していく人と、あまり変わらない、という人がいるのに気づきました。では、どんな人が“伸びる”のか、これまでの経験から考えてみました。 伸びやすいタイプはこんな人 まずあげ ...

2020/12/3

【塾講師の裏話】第3回 塾講師が自ら考える、よい英語講師の条件とは?

よい英語講師とはどんな人? 塾やスクールに通うとき、一番気になるのが「どんな講師に教えてもらえるか」ということです。「よい講師に出会うにはどうしたらよいか、どんなところを見て判断すればよいか」というのは、誰もが知りたいところでしょう。 私自身も講師として働く身です。生徒と向き合い、試行錯誤と反省をくり返しながらの日々ですが、「こうなりたい」「こうあるべき」と思う姿をご紹介しますと…「生徒を不安にさせない」「適切なアドバイスができ、生徒のやる気を引き出せる」…この二つが、よい講師の条件ではないか…私はそう考 ...

2019/3/28

【塾講師の裏話】第2回 現役塾講師が教える、いい英語塾・スクールの選び方

塾やスクールに行くなら… スクール通いを検討する人は、ネットでスクールの情報や口コミを調べることもあるでしょう。ですが、ネット上の評判は玉石混交。必ずしも当てにはなりません。 幸いほとんどのところで見学や体験レッスンを無料で受け付けていますので、それを積極的に利用してみることをおすすめします(体験レッスン有料のところもあるので必ず確認を)。ちなみに、体験レッスンの内容以外にもチェックできるポイントがありますので、ご紹介しましょう。 チラシや広告を見るポイント 新聞の折り込みチラシ、タウン誌などの広告が多い ...

© 2021 まねっこ倶楽部 Powered by AFFINGER5